関西版
最終更新日 2019年09月18日
毎週木曜UP!

飲食店で働く人の転職・就職情報サイト
関西(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀・和歌山)版

MENU

2019年09月18日UP! 毎週木曜更新

STEP3 履歴書・職務経歴書の作成

履歴書

履歴書は、あなた自身を売り込むプレゼンテーションです。履歴書を見慣れている経営者、人事担当者が “グッとくる”内容でなければいけません。書類選考の場合はもちろん、面接時に提出する場合においても、 雑な履歴書では仕事への情熱や誠意は伝わりません。担当者は、履歴書の限られた情報から あなたの人間性を探ります。100%受かる履歴書はありませんが、不採用になる履歴書はあります。 丁寧に仕上げることを大前提に、他者と差別化した履歴書を目指しましょう。

記入は油性ペンを使用する(下書きすることをおすすめします)
修正液は使用しない(間違った場合、最初から書き直す)
使い回しは厳禁
手書きである必要はありません

職務経歴書

職務経歴書は、あなたの履歴書に書かれた今までの職歴や実績を“詳しく・具体的に”書く書類です。今までの勤務先における所属部署、ポジション、携わった業務と期間、所有する専門知識や技術、受けた評価などを詳しく記入します。今後の目標や自己PRを伝えることも大事です。ただし、内容がダラダラと長すぎるのはご法度です。要点を簡素にまとめ、読みやすい文章にしましょう。経験が浅く、内容が乏しい人は、転職の決意や希望する仕事のための勉強内容などをまとめた「自己PR」や、これまでの業務で成果を出せたエピソードを記入し、できるだけ空白を作らないようにしましょう。今の時代、リストラなど会社都合で退職したことが不利になるわけではありません。しかし、なかなか仕事が決まらず、失業期間が長くなってしまうと、その間いったい何をして過ごしていたのか、気になる人事担当者は多くいます。失業期間中に経験したアルバイトや資格取得の勉強経験などがあれば、ひと言書き加えておくと意欲が伝わり、前向きな印象を与えます。

職務経歴書の書き方

キャリア形式

経歴は時系列ではなく、調理経験、接客経験といった業務内容を見出しにします。簡素な「職務概要」をつけると、 「どんなスキルを持つ人なのか」がわかりやすく、人事担当者に伝わります。担当者は、あなたが「どんな貢献ができるのか」を知りたいので、 活かせる成果は詳しく書きましょう。ただ「売り上げ拡大に貢献した」などの抽象的な表現ではなく、「売上額対前年度比110%達成」と具体的な数字で示すことによりアピールが高まります。

編年体形式

冒頭には、経歴を簡単にまとめたキャリアの概要を書きます。そして、入社・配属・異動・研修など、経験(キャリア)の変革時を見出しにし、 実績・経験・スキルを箇条書きに。アピールポイントを際立たせながらまとめていきます。特に、実績・成果などは具体的な数字を 記入しましょう。決して主観ではなく、読む相手の立場に立った解かりやすい職務経歴書にしましょう。

TOP

STEP4 応募

まずは会員登録

会員登録をすると、毎回の応募がとってもカンタン!
応募のやり取り、プレ応募、お気に入り、「スカウトサービス」、希望求人メールなど便利な機能がご利用いただけます。

会員登録はこちら

お気に入り一覧