海外版

飲食店で働く人の求人・転職サイト「グルメキャリー」
海外(ヨーロッパ・北米・アジア他)版

MENU

中華人民共和国香港特別行政区
HongKong

首都
---
面積
1,103平方km
人口
約700万人
言語
広東語、英語、中国語(北京語)ほか
通貨
香港ドル(HK$)
時差
日本との時差は、-1時間。
サマータイム無し。
計算式は『香港時間=日本時間-1時間』となる。
天気
香港は亜熱帯気候に属し、総体的に高温多湿。年間を通して温暖で四季がある。
12月の秋から初冬にかけて、さわやかに晴れる日が多い。
物価

レート

家賃(都市部単身用)
卵(1コ)
牛乳(1リットル)
じゃがいも(1kg)
トマト(1kg)
オレンジ(1kg)
米(1kg)
ビール(350cc)
タクシー(初乗り)
ガソリン(1リットル)
ビックマック
水(1.5リットル)

HK $1≒14.01円
(2018年6月現在)
HK $13,000
HK $2.7
HK $14
HK $16.8
---
HK $12.9
HK $14.7
HK $5.3
HK $20
---
HK $18
HK $10.5

治安
世界的からみて治安がよいが、日本ほど安全ではない。
ビザ
香港での新規の就労ビザ申請ですが、基本的には内定をもらった会社が代行して申請をしてくれる。そして、申請する本人は以下の書類を準備。

<必要書類>
■ビザ申請 Application Formへの記入
http://www.immd.gov.hk/pdforms/ID990A.pdf
■パスポートのコピー  ■証明書用写真 2~3枚  ■大学の卒業証明書(英文)
■各企業在籍証明書(英文)※リファレンスレターと呼ばれているもの。
→日本ではあまりなじみがないかもしれないが、就労ビザの申請にあたり必ず必要になる。
 可能であれば、今まで在籍したことがあるすべての企業からもらった方がよい。
■履歴書(英文)
→すでに面接を受けている時点で、会社には提出済だが、場合によってはビザ申請用に書き換える必要があるかも。
■現在の居住証明書(英文)
→場合によっては必要ないかもしれない。
 日本に住んでいてこれを求められた場合は住民票の英訳したものを用意する。

ただ、役所に英文の住民票はないので、日本語の住民票を元に自分で訳すか、 翻訳してくれる業者に依頼する。
また、英訳したものを公的な文章として証明するため、最寄りの公証人役場に行き、 アポスティーユを付与してもらう。

※アポスティーユとは・・・
www.rusconsul.jp/hp/jp/services/apostile.html 申請費用:¥11,500円

以上を会社に提出し、申請をしてもらう。 通常、申請から受理までに4~6週間かかる。
また、事前にいつごろ取得できるかという連絡は一切来ないので、 香港外に住んでいる人は予め、ビザが取得できそうな日程を想定し、 移住の準備を進めておくとよい。 無事、就労ビザを取得したら、香港移民局にビザを取りに行く(その時、香港にいない場合は委任状があれば別の人に代わりに取ってきてもらうこともできる)。
ビザを受け取ったら、そのビザで入国(香港内にいる場合は一度国外に出て、就労ビザで再入国する)。
有効期限は1年になるので、1年後は更新が必要になる。

手続きの詳細は最寄りの大使館・領事館へご確認ください。

■在香港日本国総領事館
住所: 46 - 47/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼及47楼
電話: (852) 2522-1184
URL: http://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


※上記情報は、予告無しに変更される場合がございます。詳細につきましては、出発前に大使館等の最寄の機関にてご確認ください。
まずは会員登録

会員登録をすると、応募時に毎回入力しなくて済むから応募がとっても簡単に!
「後で見る」、「気になる」、「スカウトメール」などの便利な機能もご利用いただけます。

会員登録はこちら

後で見る一覧

【求人情報誌】グルメキャリー最新号

グルメキャリー最新号

飲食業界の求人情報やお役立ち情報が満載です!

vol.371

03/22発売

価格200円

オンライン書店から購入