飲食求人・飲食店転職グルメキャリー首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)

首都圏版
最終更新日 2021年04月22日
毎週木曜UP!

飲食店で働く人の求人・転職サイト「グルメキャリー」
首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)版

MENU

2021年04月22日UP! 毎週木曜更新

ひさのわたるの飲食業界の労務相談

※各記事に関しましてグルメキャリー本誌掲載当時のものになります。法改正により、現在の内容と異なっている場合もございます。ご了承ください。

今回のご相談内容

育児休業の開始日や終了日を、繰り上げたり繰り下げたりできるか

 妻が妊娠中で、子供が生まれたら育児休業(育休)を取るつもりです。そこで、出産予定日を育休開始日として社内で手続し、了解をもらっていました。しかし、出産が遅れ、まだ生まれていないのに休業開始日になりました。私は、休業開始日を遅らせてもらおうと思いましたが、お店からは「それは認められない」と言われました。これは法律的に許されるのですか。
【30才 男性】

 育児休業を取得しようとする場合、休業開始日の1ヶ月前までに(早産等の特別の事情がある場合には1週間前までに)事業主に書面(会社が認めればファックス、電子メールでも可)で申し出なければなりません。この書面には、休業開始日、休業終了日等を記載しなければなりません。ここで決めた休業期間は、一定の範囲で変更が認められています。

 まず、休業開始日の繰上げについては、早産等の特別な事情が生じた場合、1回に限り、変更後の休業開始日の1週間前までに申し出ることで変更することができます。

 また、休業終了日の繰下げについては、特に事情がなくても、1回に限り、休業終了日の1ヶ月前までに申し出ることで変更することができます。

 一方、休業開始日の繰下げや、休業終了日の繰上げについては、法律上の規定はなく、事業主はそれらの希望があっても変更を認めなくてもよいことになっています。(もちろん、法律に定めがないだけであって、変更を認めることは問題ありません)

 (育児休業には、パパ・ママ育休プラスと呼ばれる、1歳2ヶ月までの制度や、保育所に入所できない場合に1歳6ヶ月までの制度もありますが、ここでは、原則の1歳になるまでの原則的な育休制度についてご説明しました)

2.jpg

2015年 02月19日 掲載

>>前回までのご相談内容

グルメキャリーへの求人掲載はこちら
飲食店オーナー・経営者のみなさまへ
飲食業に強い社労士です!
久野先生

特定社会保険労務士 久野 航 Wataru Hisano PROFILE

昭和46年生まれ。寿司職人、ファミリーレストランなど外食業界の勤務経験豊富。チェーン系居酒屋店長を経て、社会保険労務士として独立。現場での経験と法的な視点を持ち合わせる異色の社労士として、飲食業の労働環境整備に向けて日々奮闘中。

ひさの社会保険労務士事務所〒114-0023 東京都北区滝野川7-39-3 丸勝マンション201

業務案内:給与計算、労働・社会保険の手続き代行、就業規則の診断・作成 店長・管理職対象労務研修の実施、人事・労務相談

お問い合わせはお気軽に! E-mail:info@SR-hisano.com URL:www.SR-hisano.com TEL:03-3906-4636 FAX:03-3906-2722
まずは会員登録

会員登録をすると、毎回の応募がとってもカンタン!
応募のやり取り、プレ応募、お気に入り、「スカウトサービス」、希望求人メールなど便利な機能がご利用いただけます。

会員登録はこちら

お気に入り一覧