東北・北海道版
最終更新日 2018年11月15日

飲食店で働く人の求人・転職サイト「グルメキャリー」
東北・北海道(仙台)版

MENU

キッチンで働く仙台飲食人へのインタビュー

leaderLogo.jpg

株式会社 清月記/一乃庵

調理スタッフ 早坂進さん

多様な業務に挑戦しながら自分を高めていきたい。

main.jpg

2018年7月掲載

 法要や企業のセレモニー、個人のパーティー等、会食の趣旨に応じた料理のケータリングサービスを行う「一乃庵.」。その洋食部門の調理を担当する早坂進さんは宮城県出身の36才だ。調理師学校を卒業後、銀座のフランス料理店や宮城県内のイタリア料理店で経験を積み、2013年の5月から「一乃庵.」に勤めている。セントラルキッチンでの調理が主な仕事だが、お客様の多彩な要望に合わせてオリジナルの料理や提供方法を考案したり、自ら会食の場にサービスに出向くこともある。

 「この職場では、料理を作る以外に、初めて経験することが沢山あります」と話す早坂さん。最近は料理教室の講師を初めて担当した。洋食にあまりなじみのない年配の受講者に魚料理を教え、「意外と簡単に作れた」と喜ばれた。一緒に作ることでフランス料理を身近に感じてもらえたことを、貴重な経験だったと早坂さんは感じている。

 早坂さんには目標とする料理人がいる。かつて勤めていた店の上司だ。フランスで磨いた技術や豊富な経験もさることながら、早坂さんが特に感銘を受けたのは料理に向き合う姿勢だ。

 「親子ほど年の離れた私のまかないを食べて、『おいしいね、作り方を教えて』と言うような人でした。どれだけ経験を積んでも貪欲に腕を磨いていこうという姿勢を見習いたいですね」

 新人の頃から「『できません』と言わない」を信条にしてきたという早坂さん。どんな業務にも挑戦して自分を高めていきたい早坂さんにとって、お客様の多様な要望に合わせた対応が求められる「一乃庵.」は理想的な職場だ。

料理の技術を高めようとする早坂さんの情熱は厨房の同僚も認めるところ。後輩への的確な指導にも定評がある。

お客様の要望を営業スタッフから伝え聞き、会食の趣旨に合わせた料理や提供方法、演出などを考える。

shop.jpg

一乃庵.

住 所:仙台市青葉区北根2-6-18

電 話:022-219-1151

交 通:市営バス『北根2丁目』、宮交バス『仙台文学館前』下車徒歩2分

H P:http://ichinoan.jp/

バックナンバーはこちら

まずは会員登録

会員登録をすると、応募時に毎回入力しなくて済むから応募がとっても簡単に!
「後で見る」や「スカウトメール」などの便利な機能もご利用いただけます。

会員登録はこちら

後で見る一覧

【求人情報誌】グルメキャリー最新号

街頭サンプリング&フリーラックにて無料配布中!

オンライン書店から購入