グルメキャリーが“ちゃんと見てきた”安心の「飲食店求人情報」!

経験者に手厚く、未経験者に優しい「職場」としての質の高い飲食店厳選掲載!
勤務条件も交渉済みで安心!直接聞きづらい質問・疑問もグルメキャリーが応えます。

MENU

飲食求人・飲食店転職情報 グルメキャリー

フードサービス業界の労務相談

※各記事に関しましてグルメキャリー本誌掲載当時のものになります。法改正により、現在の内容と異なっている場合もございます。ご了承ください。

「男性ばかりの職場で、女性を優先して募集することは許されるか」

質問1

Q.

現在転職活動中です。先日、あるお店の求人広告を見て応募しようとしたところ、「うちの店は男性従業員ばかりで、男女比のバランスを改善するために、今回は女性しか募集していない」と言われました。男性だけとか女性だけのように、一方の性別だけ募集するのは違法ではないのですか。
【27才 男性】
答え

A.

募集・採用の対象から男女のいずれかを排除することは、性別を理由とする差別にあたり、男女雇用機会均等法違反となります。ただし、次の二つのケースに該当する場合、法違反とはなりません。
 まず一つ目は、業務の正常な遂行上、一方の性でなければならない職務に従事する場合です。これにあたる職務とは、芸術・芸能の分野における表現上の要請のある職務(男優や女優)、守衛、警備員等のうち防犯上の要請から男性に従事させることが必要な職務、宗教上(神父や巫女等)、風紀上(更衣室の係員等)、スポーツ競技の性質上必要性が認められる職務、が挙げられています。
 二つ目は、「男女の均等な機会及び待遇の確保の支障となっている事情を改善することを目的」として、女性労働者に関して措置を講じる場合です。この措置のことをポジティブ・アクション(積極的格差是正措置)といいます。例えば、女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない(4割を下回っている)雇用管理区分における募集・採用の際、女性に有利な取扱いをすることはポジティブ・アクションにあたります。
 したがいまして、ご質問のケースも、男性労働者ばかりのお店が、「男女の均等な機会及び待遇の確保の支障となっている事情を改善することを目的」として、女性のみを募集しているのならば、法違反にはなりません(単に女性を優先したい、有利に取り扱いたいという意図だけではダメです)。
 もっとも、ポジティブ・アクションには問題が無いわけではありません。例えばご質問とは逆のケースで、女性労働者ばかりの職場において男性労働者だけを募集することは、ポジティブ・アクションとは認められず違法となります。こういった片面性の問題に関しては、議論があるでしょう。
グルメキャリー175号掲載

飲食店オーナー・経営者のみなさまへ
飲食業に強い社労士です!
久野先生

特定社会保険労務士 久野 航 Wataru Hisano PROFILE

昭和46年生まれ。寿司職人、ファミリーレストランなど外食業界の勤務経験豊富。チェーン系居酒屋店長を経て、社会保険労務士として独立。現場での経験と法的な視点を持ち合わせる異色の社労士として、飲食業の労働環境整備に向けて日々奮闘中。

ひさの社会保険労務士事務所〒114-0023 東京都北区滝野川7-39-3 丸勝マンション201

業務案内:給与計算、労働・社会保険の手続き代行、就業規則の診断・作成 店長・管理職対象労務研修の実施、人事・労務相談

お問い合わせはお気軽に! E-mail:info@SR-hisano.com URL:www.SR-hisano.com TEL:03-3906-4636 FAX:03-3906-2722
まずは会員登録

会員登録をすると、応募時に毎回入力しなくて済むから応募がとっても簡単に!
「後で見る」、「気になる」、「スカウトメール」などの便利な機能もご利用いただけます。

会員登録はこちら

後で見る一覧

【求人情報誌】グルメキャリー最新号

グルメキャリー最新号

飲食業界の求人情報やお役立ち情報が満載です!

vol.378

07/18発売

価格200円

オンライン書店から購入