グルメキャリーが“ちゃんと見てきた”安心の「飲食店求人情報」!

経験者に手厚く、未経験者に優しい「職場」としての質の高い飲食店厳選掲載!
勤務条件も交渉済みで安心!直接聞きづらい質問・疑問もグルメキャリーが応えます。

MENU

飲食求人・飲食店転職情報 グルメキャリー

フードサービス業界の労務相談
「働いてあげている」「働かせてあげている」はトラブルのもと!
現代の飲食業界において、健全な経営状態を保つためには「健全な労働環境の整備」が必要です。しかしながら中小企業、個人自営業が全体の9割以上を占める飲食業界は他のサービス業界同様、健全とは言い難い労働環境により雇用者と従業員間のトラブルが多い業界です。料理業界はそもそも「職人の世界」である事からいわゆる「サラリーマン的」な勤務意識がなく、【働く=奉公=修業→独り立ち】という図式が成立してきた世界ですが、「外食産業」「フードビジネス業界」の名のもと、メジャー業界として確立するには「正しい労務知識」は無視できません。このコーナーでは飲食業界の労働者・雇用者の両者の視点で正しい労務知識を紹介し、雇用者への啓発・提案、そして労働者への権利・責任などを実例をもとに理解していただき、両者にとってトラブルのない健全で分かち合える職場構築のサポートを目指しています。
今号のご相談内容

今号のご相談内容

「年次有給休暇を年に5日取得させる義務」

質問1

Q.

   先日、ネットニュースで、有給休暇を取得させなければならない法律ができたという記事を読みました。これはどういう制度か詳しく教えてください。 
【26才 女性】
答え

A.

 「働き方改革関連法」の一つとして、平成31年4月以降、年次有給休暇(年休)を年間5日以上確実に取得させることが、使用者(お店の側)には義務づけられました。
 従来、年休は労働者が請求した日に与えることが大原則でした。しかし、職場の雰囲気によっては年休を取りづらい等の事情により、年休の取得率は低いものとなっていました。そこで、労働基準法が改正され、一定の年休が与えられる労働者に対して、年休の権利発生日(基準日)から1年間のうちに5日は、使用者が時期を指定して取得させることが義務づけられました。同時に、「年次有給休暇管理簿」を作成し、3年間保存することが義務づけられました。
 対象となる労働者は、年休が10日分以上発生している労働者であり、管理監督者や有期雇用労働者も含まれます。所定労働日数の少ないパート・アルバイトについては、その所定労働日数に比例して、年休の日数が与えられますが(比例付与)、こういったパート・アルバイトについても、10日以上発生する場合には対象となります。
 では、使用者は具体的にどのように年5日の年休を取得させればいいのでしょうか。まず一つ目は、労働者の意見を聴いた上で、取得させる日を決定する方法です。使用者の側から、「いつ年休を取りたいですか?」と労働者の希望を尋ね、「○月○日に休みたいです」という意見を聴取します。その上で「では、○月○日に年休を取ってください」と取得させる流れです。ポイントは、聴取した意見を尊重するよう努力しなければなりませんが、必ずしも希望した日に取得させなければならないわけではない点です。
 二つ目は、「計画年休」という制度の導入です。計画年休とは、使用者と労働者代表が労使協定を締結することで、使用者が計画的に取得日を決定することができる制度です。ただし、最低5日は、労働者が自由に取得できる日として残しておく必要があります。例えば、年休が11日発生している労働者に対しては、6日分を計画年休の対象にできるということです。一つ目の方法との違いは、労使協定の締結が必要ながら、労働者の意見を聴くことなく、使用者が一方的に取得日を決定出来るところです。
 ところで、労働者が年休を自ら請求して取得した日数分は、付与義務のある「5日」から控除されます。ということは、労働者が自ら5日以上取得していれば、使用者にとって「年5日年休付与義務」はクリアしたことになります。つまり、もともと年休の取りやすい職場で、誰もが5日以上取るのが当たり前になっていれば、今回の法改正は、使用者にとって痛くもかゆくもないものなのです。
 以上のように、「労働者から意見聴取の上での付与」「計画年休」「労働者自らの請求」のいずれかによって、とにかく年に5日取得させればOKというわけです。
飲食店オーナーの方へ

飲食店オーナーの方へ

今まで年休を取りやすい環境ではなかったお店にとっては、早急の対策が必要です。
 なお、年5日の年休を取得させなかった場合、30万円以下の罰金という罰則規定が定められています。この罰則は、対象労働者1人につき1罪とカウントされます。
対象労働者が20人いる店舗では、30万円×20人=600万円以下の罰金という計算です。
飲食店オーナー・経営者のみなさまへ
飲食業に強い社労士です!
久野先生

特定社会保険労務士 久野 航 Wataru Hisano PROFILE

昭和46年生まれ。寿司職人、ファミリーレストランなど外食業界の勤務経験豊富。チェーン系居酒屋店長を経て、社会保険労務士として独立。現場での経験と法的な視点を持ち合わせる異色の社労士として、飲食業の労働環境整備に向けて日々奮闘中。

ひさの社会保険労務士事務所〒114-0023 東京都北区滝野川7-39-3 丸勝マンション201

業務案内:給与計算、労働・社会保険の手続き代行、就業規則の診断・作成 店長・管理職対象労務研修の実施、人事・労務相談

お問い合わせはお気軽に! E-mail:info@SR-hisano.com URL:www.SR-hisano.com TEL:03-3906-4636 FAX:03-3906-2722
前回までのご相談

前回までのご相談内容

賃金について

労働時間について

休日・休暇について

各種社会保険について

源泉所得税・住民税について

その他

まずは会員登録

会員登録をすると、応募時に毎回入力しなくて済むから応募がとっても簡単に!
「後で見る」、「気になる」、「スカウトメール」などの便利な機能もご利用いただけます。

会員登録はこちら

後で見る一覧

【求人情報誌】グルメキャリー最新号

グルメキャリー最新号

飲食業界の求人情報やお役立ち情報が満載です!

vol.377

07/04発売

価格200円

オンライン書店から購入