関西版
最終更新日 2020年03月25日
毎週木曜UP!

飲食店で働く人の転職・就職情報サイト
関西(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀・和歌山)版

MENU

2020年03月25日UP! 毎週木曜更新

キラリと光るお店の個性 グッと来るお店
No.032

野菜と魚 きろく

基本に忠実に。そこへ気配りとひと手間をプラスして。

きろく
きろく きろく

神戸大学の最寄り駅として、多くの若者が行き交うJR神戸線「六甲道」駅。このエリアで、味・空間・おもてなしのいずれにおいても"上質"を楽しめる店として、舌の肥えた大人たちが足を運ぶ店がある。「野菜と魚 きろく」だ。

きろく

19才で料理の道に進み、一貫して和食の世界を歩んできた店主の山﨑雄介さんが「きろく」をオープンしたのは2013年の春。「美味しいことは当たり前」とし、お客様が気持ちよく過ごせるひとときを提供することに力を注いできた。ランチは近隣の奥様方に人気。30代や40代はもちろん、90代といった年配の女性も訪れるというから、料理をはじめとしたおもてなしの優しさがうかがえる。夜の営業は、豊富に取り揃えた日本酒を楽しみにやってくる人も多い。

料理は、季節の美味しいものを中心に構成。産地に過度にこだわることなく、「その日その日の一番美味しいものをお出ししたい」と山﨑さん。だからこそ、同店を訪れたときはぜひ、「今日は何が美味しい?」「こんなのを食べたいけど、できる?」などと問いかけてほしいとのこと。そうやってお客さんと直接対話し、一人ひとりの好みにあった料理を考えることが、山﨑さんにとっても大きな楽しみになっている。

「当店の料理は、日本料理の基本的な技術に忠実なものがほとんどです。ただ、忠実であっても、そこに何かひと手間かけることを大切にしています。同じ食材、同じ料理であっても、ひと手間加わることで去年とは違うもの、前回お越しいただいたときとは違うものをお出しできます。そうすることで、『いつ来ても新しい』という驚きや喜びをご提供できればと考えています。」

お客様とお店が一緒になって"好み"をめぐって語り合ったり、提案したりという点では、日本酒も同じ。「きろく」では、常時備えている人気どころの10~12種に加え、仕入れ状況などによってその時々の魅力的な品を味わうことが可能。好みを伝えたら、それにマッチするお酒を山﨑さんが選んでくれる。出会いや発見に満ちた一杯をめぐって弾む会話こそが、同店での一番の楽しみなのかもしれない。

きろく

何気ない気遣いや料理へのひと手間など、"ちょっとしたこと"が生み出している同店ならではの心地よさや味わい。その土台となるのは、スタッフが気持ちよく働くことができる環境だと山﨑さんは考えている。そこで同店では、給与など待遇の向上はもちろんのこと、休みを取りやすい勤務体制の導入など、労働環境の改善に努めている。また、仕事をどんどん任せていく、店舗経営のノウハウを伝えるなど、料理人としての成長や将来の独立も積極的にサポートしている。

「料理のことや接客のこと、経営のことなど、すべてをお伝えするので、意欲のある人にはぴったりな環境だと思いますよ。店を一緒に経営しているという感覚で、お客様に喜んでもらう方法を共に考えられる人に期待しています。」

2020.2.20更新 取材・文/ウィルベリーズ

オススメメニュー(税抜)

きろく
  • 彩り御膳(ランチ) 1,350円
  • お昼のミニ懐石コース 3,200円
  • きろくコース 4,200円
  • 料理長おまかせコース 5,400円
  • 造り三種盛り(2人前) 1,500円
  • マスカルポーネチーズと明太子 750円
  • 豚バラ肉ぬか漬け焼き 750円

SHOP DATA

きろく
野菜と魚 きろく
電 話:
078-821-9339
住 所:
神戸市灘区備後町5-3-1 ウェルブ六甲道1番館1F
時 間:
火~日11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:30(L.O.22:00)
定 休:
無休
交 通:
JR神戸線「六甲道駅」から徒歩1分

バックナンバーはこちら

まずは会員登録

会員登録をすると、毎回の応募がとってもカンタン!
応募のやり取り、プレ応募、お気に入り、「スカウトサービス」、希望求人メールなど便利な機能がご利用いただけます。

会員登録はこちら

お気に入り一覧