関西版
最終更新日 2020年02月19日
毎週木曜UP!

飲食店で働く人の転職・就職情報サイト
関西(大阪・京都・神戸・奈良・滋賀・和歌山)版

MENU

2020年02月19日UP! 毎週木曜更新

キラリと光るお店の個性 グッと来るお店
No.031

スマート珈琲店

創業から87年。変わらぬ味を守るために、磨き続ける。

スマート珈琲店
スマート珈琲店 スマート珈琲店

京都・本能寺に面した寺町通り。古都ならではの風情と昔ながらの商店街の趣きを今に受け継ぐこの場所に、昭和・平成・令和の3つの時代を見つめてきた喫茶店がある。スマート珈琲店だ。

スマート珈琲店

同店の創業は昭和7年。店名に掲げた「スマート=気の利いた空間を目指して」という思いのもと、サービスを大切にし、自慢のコーヒーやホットケーキの味とあいまって、世代を超えて愛される店となっている。訪れるお客さんのお目当ての1つは、やはりコーヒー。同店では複数種類の豆をブレンドしているが、焙煎後は、あえて2週間ほど寝かせてから使用している。

「焙煎直後は、豆たちが個性を主張しすぎて、バラバラの味になってしまうのです。それが時間をおくと、みんなが仲良くなって1つの味を生み出してくれる。これは創業時から変わらない、当店流のコーヒーです。」さらに、お客さんに提供するのも、淹れてから5分ほどあえて時間をおいてから。そうすることで、豆それぞれの味がさらに仲良くなるうえ、最初の1口から最後の1口まで味が変わらない、つまり安定した味わいになるのだ。「ホットケーキも、生地を混ぜてからしばらく冷蔵庫で寝かせます。生地が"締まる"ことで、最初に焼いた1枚も最後に焼いた1枚も同じ味にすることができるのです。」

インタビューの間、元木さんの口から「同じ」「変わらない」という言葉が度々発せられた。「変えないこと、変わらないことを大切にしています。というのも、当店には、数十年来のお客さまがたくさんおられるから。また、毎日のようにご利用いただき、当店でお過ごしいただく時間が生活の一部になっている方もいらっしゃるから。そういったお客さまにとって、"いつもと同じ""昔と同じ"ということは、かけがえのない価値なのです。期待されているものを、期待通りにお出しすることは、私たちにとってとても大切な役割だと考えています。」

そう語る元木さんは「変えないために、磨き続ける」ことが大切だと考えている。それを代表するのが、珈琲の焙煎だ。「豆は仕入れた状態で左右され、同じものはありません。焙煎する際の天気など、そのときによって条件も異なります。それらの違いを踏まえたうえで"同じ"焙煎をするには、目で色の変化に気付き、鼻で香りの違いを感じ取り、耳で豆が弾ける音をキャッチしなければいけません。豆と会話をする、すなわち、感覚を研ぎ澄ましてそのときに応じた微調整を加えることで、"いつもと同じ"焙煎ができるのです。」

スマート珈琲店

これからも、「変えないために、磨き続ける」ことに精進していきたいという元木さん。店作りにあたっては、目配り・気配り・配慮を大切にし、お客さん一人ひとりに応じた"スマート"なサービスを守り続けていきたいと考えている。そのためにも、特に重視しているのが挨拶だ。「挨拶は、お客さまとの最初の接点であり、最後の接点でもあります。途中のサービスがどんなに良くても、最初と最後が悪ければ気持ちのいい時間にはなりません。気持ちのいい挨拶をきっかけにしながら、スマート珈琲店という、ほかには比べるもののない特別な場所を作っていきたいです。」

2020.1.16更新 取材・文/ウィルベリーズ

オススメメニュー(税抜)

スマート珈琲店
  • 珈琲 550円
  • ホットケーキ 700円
  • フレンチトースト 700円
  • 自家製プリン 600円
  • オムライス 1000円

SHOP DATA

スマート珈琲店
スマート珈琲店
電 話:
075-231-6547
住 所:
京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町537
時 間:
8:00~19:00
休 日:
無休 ※ランチ/火曜定休
交 通:
地下鉄東西線「京都市役所前駅」徒歩1分、京阪「三条駅」徒歩5分
お店のサイトへ

バックナンバーはこちら

まずは会員登録

会員登録をすると、毎回の応募がとってもカンタン!
応募のやり取り、プレ応募、お気に入り、「スカウトサービス」、希望求人メールなど便利な機能がご利用いただけます。

会員登録はこちら

お気に入り一覧