最終更新日 2019年03月22日

飲食店で働く人の求人・転職サイト「グルメキャリー」

MENU

独立を実現させる“ウェブ”アカデミー

第14回お題 こうすれば電気料金が削減できる! 前回は経費削減の為に「ケチケチ大運動会」をお勧めしました。では、実際に何をどのように見直せばいいのかという話を電気料金を例にお伝えします。

第14回お題

こうすれば電気料金が削減できる!

前回は経費削減の為に「ケチケチ大運動会」をお勧めしました。では、実際に何をどのように見直せばいいのかという話を電気料金を例にお伝えします。

電気料金の計算方法

毎月の電気料金は、契約電力にもとづいて計算された基本料金と、使用電力量によって計算された電力量料金に、再生可能エネルギー発電促進賦課金等を加えたものになります。電力量料金は、燃料費の変動に応じて、燃料費調整額を加算あるいは差し引いて計算します。

電気料金の計算式(一ヶ月分料金)

基本料金
基本料金単価(税込)×契約電力×(185-力率)/100
電力量料金
電力量料金単価(税込)×使用電力量±燃料費調整額
合計
基本料金+電力量料金+再生可能エネルギー発電促進賦課金+太陽光発電促進付加金
力率
無駄なく電気を使う為に設備容量が大きければ割引、そうでなければ割増される制度です。ということは、力率割引がなく割増になっている店舗は、この部分の改善も電気代削減手段となり、力率が悪くなると供給設備をより大きくする必要が生じます。そこで、力率の改善をお勧めする意味で低圧電力の場合、力率85%を基準として、以下のように基本料金の割引、割増を行います。
参考
力率の良いもの=90% 5%割引
基準=85% 基本料金 (割引も割増も無し)
力率の悪いもの=80% 5%割増

「使用電力」と「契約電力」に着目!

「使用電力」は文字通り使った分の電気料ですから、小まめに消灯するとか、コンセントから抜くとか、すでに小さな節電から行なっていると思います。
一般的に、冷暖房のための空調機器と冷凍冷蔵機器が最も多く電気を使用します。冷暖房の温度設定は、政府の省エネ基準では夏場28℃、冬場18℃ですが、実際には、この温度はお客様には物足りないと思います。最適な温度は夏場で24~26℃、冬場で20~22℃といったところ。温度計をテーブル面の高さに設置し、定期的にチェックしてみましょう。特にこの寒い時期は意識して行なって欲しいものです。
さらに、空調・冷却機器の清掃は電気代の節約に効果大です。1.5坪(5.0㎡)のウオークイン冷蔵庫の場合、コンデンサーがきれいなら約10分でマイナス10℃からマイナス20℃に下がります。ところが、50%の目詰まりを起こしていると、同じ温度に下げるのに20分も要することに。どれほど小まめな清掃が重要かお判りいただけるでしょう。最も効率的な省エネ法は、使わないときにこまめにスイッチを切ることに尽きます。ミーティングで電気代の節約の必要性を訴え、「どこで電気を使っているか、どうすれば無駄を省けるのか」という従業員教育が必要ですね。また、電球をLED電球に変えて消費電力を低減するとともに、耐久性も手に入れることができます。しかし、それ以外でも節約する方法があるのです!それは…

基本料金を抑えるには?
(契約電力500kW未満のお客さま)


契約電力は、当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうち最も大きい値となります。最大需要電力を抑制することで契約電力が抑えられ、基本料金の低減につながります。
※お客さまがご使用された電力を30分毎に計量し、そのうち月間で最も大きい値を最大需要電力といいます。

電力量料金を抑えるには?


省エネや節電を行うことで使用電力量が減少し、電力量料金の低減につながります。高圧のお客さま専用ホームページでは、省エネやコストダウンに関するお役立ち情報をお届けするとともに、各種ご相談を承っております。

節電などによる割引プランは?


平成25年度におきまして、電気のご使用が増える夏期および冬期に、前年と比べて各月の最大需要電力(デマンド)を抑えていただくことにより、電気料金が割引となる新たな料金メニュー“デマンドシェービングプラン”が良いとされています。

上記は東京電力のHPからの抜粋ですが、各電力会社とも個別に節約・割り引くプランを持っています。まずは、店舗の契約内容を把握して、日々の消費量を認識し、どのようなプランが電気料節約に最適なのかを窓口でご相談することをお勧めします。

飲食店経営をするために基礎体力をつけるFBIアカデミー

アカデミー授業風景

─ 独立を目指す仲間に出会える場所 ─

  • 独立開業が目前にせまっていて最終確認をしたい
  • いつかお店を持ちたいと思っているが、なにから始めていいかわからない
  • 飲食関係の人と知り合いたい
  • 後輩に経営を勉強してもらいたい
株式会社アンテナ
TEL:03-5919-3383
E-mail:academy@an-tena.jp
URL:https://www.facebook.com/tenaplus.academy
まずは会員登録

会員登録をすると、応募時に毎回入力しなくて済むから応募がとっても簡単に!
「後で見る」や「スカウトメール」などの便利な機能もご利用いただけます。

会員登録はこちら

後で見る一覧

【求人情報誌】グルメキャリー最新号

グルメキャリー最新号

飲食業界の求人情報やお役立ち情報が満載です!

vol.371

03/22発売

価格200円

オンライン書店から購入