イタリアン|和食|カフェ|居酒屋|寿司|オープニングスタッフ募集|個人店|海外募集など
飲食店の正社員・アルバイト求人サイト「グルメキャリー」

MENU

焼肉 牛酔 gyu-sui 長谷川 正さん求人・焼肉 牛酔 gyu-sui 長谷川 正さん転職情報 グルメキャリー

ロゴ 土地勘のない街でのオープンに不安もあった。しかし、オープンして半年、地元のファミリーやカップルから支持される人気店に成長中だ。その裏には出会った人やスタッフに対する、オーナーとしての謙虚な姿勢があった。

和牛雌牛をリーズナブルに! 地元密着焼肉店。

和牛雌牛をリーズナブルに! 地元密着焼肉店。

 実家が焼肉店を営んでいたこともあって、自分も焼肉店で独立しようと考え、修業に出たのが32才のとき。少し遅いスタートだったが、その分濃厚な修業時代を過ごすことになった。
「当時流行しはじめた一頭買いの個人店、企業として展開している焼肉店、他ジャンルの料理人が腕をふるう店、そして老舗ならではのあたたかさが光るお店。本当にさまざまな人とお店に恵まれてよかったと思っています」
 長谷川氏が店のオープンに際して考えたコンセプトが、「和牛の雌牛」をメインにしたラインナップ。自分と同世代の経営者が営む芝浦の精肉店との出会いを通じて、絶対の自信をもって提供できる極上の食材を仕入れることが可能に。
「人との出会いがすべてですね。同じ価値観をもっている大切なビジネスパートナーとして、大変お世話になっています」
 まったく土地勘がなかった南阿佐ヶ谷という立地。パソコンを駆使してビラをつくり、自分の足でポスティングも行った。メニューのデザインも自家製だ。
「居抜き物件だったのですが、初期費用が当初の計画よりも大きくなってしまい、自分でできることはなるべく自分でやるようにしました」
 オープンして半年、しみじみと実感しているのが飲食店はひとりではできないということ。
 「関係会社の協力はもちろんのこと、家族の理解を得て、スタッフの力を借りて、ようやく店が回っているというのが実感です。その中でお客さまのお出迎えとお見送りという当たり前の接客をきちんとやるよう心がけています」と、新オーナーは、短くて長いこの半年を振り返る。
「修業時代に出会った各国料理のシェフたちから吸収した調理技術を基に、個性的な創作料理にも力を入れています。都心で食べたら高価格になる極上の雌肉をリーズナブルにご提供し、地元のファミリーやご夫妻、若いカップルのみなさんに気軽にお越しいただいています。これからも地元に愛される焼肉店でありたいですね」
 自分を支えてくれるすべての人に感謝し、謙虚であること。修業時代よりも新オーナーになった今こそ、その気持ちが強く膨らんでいるようだ。

同じ業態が入っていた居抜き物件をしっかりと修復した空間はとても清潔感がある。シェフ仲間から贈られた額やボトルなどが飾られ、長谷川オーナ-の交流の広さも感じられる空間だ。
盛りつけの美しさは、西麻布時代に交流した他ジャンルの料理人たちからの影響でもある。内ハラミ、ランプ、サンカク、カルビなどの部位をまるで和食の刺し盛りのように盛りつける。
焼肉 牛酔 gyu-sui
東京都杉並区成田東5-35-12 山清ビル2F
電話/03-5397-3226
交通/地下鉄丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」より徒歩3分
□オープン日
2013年10月2日
□客席数/店舗面積
8テーブル/36席
□営業時間
17:00~23:00(L.O.) 土・日は16:00~
□従業員数
社員1名
□客単価
4500円
□ターゲット層
近隣ファミリー、20~50代のカップル
□定休
月曜日
□独立準備開始時期
2013年1月
□施工開始時期
2013年8月下旬
□資金調達方法
自己資金+金融機関
□トータル開業資金
1600万円

profile

長谷川 正 Tadashi Hasegawa
1975年、東京生まれ。実家が焼肉店を経営していたため、高校時代から手伝っていた。大学卒業後、一度はサラリーマンになるが32才で焼肉店の開業をめざして修業へ。柏市の一頭買いの個人店、新宿・池袋の焼肉店では料理長・店長を経験。西麻布の店では、他ジャンルの料理人とも交流を広め、六本木の老舗店を経て、独立を果たした。
現在掲載中の東京都杉並区の求人募集
または 焼肉・肉料理×正社員の求人募集

文:高木正人 写真:yama

2014年07月17日 掲載

>>記事一覧へ戻る

飲食業の転職求人情報を見る