イタリアン|和食|カフェ|居酒屋|寿司|オープニングスタッフ募集|個人店|海外募集など
飲食店の正社員・アルバイト求人サイト「グルメキャリー」

MENU

株式会社 MOTHERS 執行役員 永田真二求人・株式会社 MOTHERS 執行役員 永田真二転職情報 グルメキャリー

企業Top・経営陣に聞く経営ポリシー&見つめるビジョン

leaderLogo.jpg

株式会社 MOTHERS

執行役員 永田真二

コロナ禍の荒波にもまれる飲食業界で
「食を通した幸せの循環」を実践する

main.jpg

永田 真二
– Shinji Nagata –

1978年生まれ、東京都立川市出身。高校卒業後、法政大学に進学。その後、新卒で外食事業会社 WDIに入社、Hard Rock Cafe ゼネラル・マネージャーを務める。2008年に退社し、株式会社 MOTHERSに入社。数店舗のマネージャーを経て、現在執行役員。


2020年5月掲載

力を合わせるために、「腹を割って話し合う」

 東京・西新宿。都庁ビルと新宿中央公園の緑、そして路地を入れば閑静な住宅街というロケーションに、ホテル「THE KNOT TOKYO Shinjuku」がある。ホテルには、ジョスパーオーブンで仕上げたグリル料理を楽しめるイタリアングリルレストラン「MORETHAN GRILL」や、素材にこだわったビュッフェスタイルのランチが特に人気を集める「MORETHAN TAPAS LOUNGE」、ホスピタリティ溢れるベーカリー「MORETHAN BAKERY」が入り、観光客のみならず、地域の人々にも親しまれている。

 運営するのは、今年創業21周年を迎える株式会社 MOTHERS。執行役員である永田真二氏に、その沿革を聞いた。
「もともと、代表取締役社長である保村良豪のお母さんが東大和市でお店を経営していたのですが、そこを閉めることになったので、保村が『じゃあ自分が店を出すよ』という形で、2001年にイタリアンレストラン「MOTHERS 東大和店」をオープンしました。その2年後に立川駅の南口に2店舗目を、翌年、北口に3店舗目を出店しました」

 そして2011年、吉祥寺に「Trattoria e Pizzeria MOTHERS」を出店したことをきっかけに同社はさらに注目を集め、Boulangerie Bistro EPEE(吉祥寺)、CHICAMA(二子玉川)などを次々と出店。現在は7業態19店舗を運営するまでに成長した。

 しかしその道のりは、順風満帆ではなかった。
「3店舗目からはなかなか先に進みませんでした。保村の小・中学校の後輩だった僕は2008年に入社したのですが、当時はリーマンショックがありましたし、もともと飲食店って利益率が高いほうではないので、給料もなかなか上がらなかった。保村から何度となく『もうすぐ軌道にのるから』と、うまく促されながら(笑)、皆で力を合わせてここまで来たという感じです」

 さまざまな苦境もあったが「どんなときも、皆、常に前しか向いていなかった」と語る永田氏。責任者が心を一つに前進するために必要なことを聞くと、「腹を割って話すこと」と断言する。
「僕たちはピラミッド型の会社を作る気はなくて、互いに『思っていることがあるなら話そう』というスタンス。従業員に対しても、何か問題がありそうだったり、悩み事を抱えている様子があったりすれば、必ず誰かが話をしに行きます。力を合わせて店をやっていく一番の近道は、腹を割って話しあうこと。これは間違いないと思います」

考え方の違う人間を会社の「理念」が束ねる

 現在、MOTHERSの従業員は社員が120名、アルバイトを含めると650名にものぼる。その人数を取りまとめるために重要なこととはーー。
「大前提として『それぞれ個性と得意な部分が違って当然』という考え方があります。代表と僕の考えることだって、まるっきり一緒じゃない。でも、重なりあう部分はあります。その重なりあう部分で心を一つにして、あとはそれぞれが得意な分野で力を発揮しようというやり方です。その重なりあう部分こそが会社の『理念』です。僕らの理念は『関わる人々の喜びの創造』ですが、この思いを軸として、店長や料理長、アルバイト、それぞれが頑張っていくことを重視しています」

 一つの理念を軸とすれば、日々の仕事に対する向き合い方がおのずと導かれる。
「うちは店によって、業態、お店の大きさ、スタッフの人数、メニューも様々です。そんななか、たとえばある店長から『冷蔵庫を買い替えたいんです』と相談されたとします。当社の「経営者の育成」のミッションのもと、「『利益=分配できるお金』を今、投資するタイミングなのか、優先順位は正しいのか、もし自分の会社だとして自腹を切ってでも必要か」、その問に対して、自分自身が腑に落ちた上で自信をもってプレゼンし、まわりの責任者を納得させてもらわないといけない。また、地域の方との関わりも大事です。地域の方に『MOTHERSのお店なら大丈夫」と信頼して頂くためには、『自分の店だけうまくいけばいい』ではなく、店の外での言動も気をつけなければなりません。挨拶をしっかりするとか、お隣さんのビル前まで掃き掃除をするとか。常に『僕らに関わる人の喜びって、何だろう』と理念を想像しながら行動することが大切です。そうやって、少しずつ信頼を得てきたことが、今につながっていると思います』

 理念は働き手を縛るものではなく、後押しするもの。そんな社風があるからこそ、MOTHERSには、目的意識をもった人や、リーダーを目指す人にはこれ以上ないほど恵まれた環境が整っている。
「成長したいと思っている方には、文字通り全力で向き合います。だから『店長になりたい』とか『職人として腕を磨きたい』とか、なんでも腹を割って話して欲しいですね。僕らの理想は、店舗数を増やすとか、規模を大きくすることではなく、それぞれの店がリーダーを中心に問題抽出や改善をしながら自走できることなんです」

永田 真二さん

逆境にある今だからこそ
在るべき姿、進むベき道へ

 現在、東京都はコロナ禍による緊急事態宣言下にある。しかし、MOTHERSは時短要請を守り、感染対策を徹底しながら各店をオープンしている。いかにして、この判断に至ったのか。
「僕らが目指すのは、『食を通した幸せの循環』です。こんなご時世だからこそ、その循環を止めちゃいけないと思い至りました。僕らって、関わっている業者さんの数がとても多いんです。僕らが止まってしまうと、その業者さんたち…農家さんや漁師さん、流通業者さんの仕事が、皆、止まってしまうわけです。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、『あの業者さん、小学生のお子さんいたよね』なんてことを考えると『絶対に止めちゃだめだ』ってなるんですよ。生産者さんにフォーカスしたメニューをレコメンドとして出すようになったのも、それが理由です。それに、そういうことをやるって、シンプルに素敵じゃないですか(笑)。こんな時だからこそ、できるかぎり素敵な存在でありたいな、と思いますね」

 冗談まじりに笑顔で話す永田氏だが、このコロナ禍、その決断を下すのは容易ではなかったはずだ。
「確かに、一時的に店を閉めて、協力金をもらって、従業員を休ませて人件費を抑えた方が、数字的にはきれいなんです。だから僕も一応、執行役員として代表に数字を見せつつ『どうしますか』と聞きましたが、言い終わらないうちに『いや、やる』と回答があったので『ですよね』と(笑)。内心、僕も休業はありえないと思っていましたから」

 もちろん、ダメージがなかったわけではない。緊急事態宣言のたびに経営状況は急降下し、その度に肝を冷やした。しかし、その中で、今までにないやりがいと、飲食業界の明るい未来をかいま見たという。
「お客様はこれから、今よりもっと真剣にお店を選ぶようになると思うんです。そうすると、飲食に本気で向き合っている店しか残っていかない。働き手も同じで、仕事があればなんでもいいという人は飲食業界を去るし、本気でやりたいという人は残っていくでしょう。厳しい状況を乗り越えた飲食業界は、これまで以上に磨き抜かれたものになっていくと思いますし、本気で『食を通した幸せの循環』を実践している僕らにとっても、ますます面白く、離れがたいものになっている。飲食業界は、これからますます面白くなっていくと思います。そして僕たちのあるべき姿、進むべき道は、お客様がちゃんと教えてくださるので、これからも慢心せずに続けていきたいと思っています」

MORETHAN GRILL 店内写真MORETHAN GRILL(取材店舗)

株式会社 MOTHERS
─ 店舗情報 ─

MORETHAN GRILL

住 所:東京都新宿区西新宿4-31-1 2F

電 話:03-6276-7654


MOTHERS

住 所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-14 グランドメゾン吉祥寺 2F

電 話:0422-26-8050


CHICAMA

住 所:東京都世田谷区玉川2-24-1 Q plaza二子玉川 3F

電 話:03-6431-0131


Boulangerie Bistro EPEE

住 所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4

電 話:0422-72-1030


伍楽

住 所:東京都立川市曙町1-30-16

電 話:042-521-5200

上記含め、現在19店舗展開中

現在掲載中の 東京都 の求人募集
または 11~30店舗を運営する企業の求人募集

文:瀬尾 ゆかり 写真:吉川 綾子

2021年05月20日 掲載

>>記事一覧へ戻る

飲食業の転職求人情報を見る