イタリアン|和食|カフェ|居酒屋|寿司|オープニングスタッフ募集|個人店|海外募集など
飲食店の正社員・アルバイト求人サイト「グルメキャリー」

MENU

団体客がランチタイムに宴会を始めた!求人・団体客がランチタイムに宴会を始めた!転職情報 グルメキャリー

飲食店専門弁護士 石崎冬貴のドタキャンされましたよね。

予約の無断キャンセル、理不尽なクレーム、器物破損等々…
お客との様々なトラブルに対し 「泣き寝入りする必要はない」
「お客と店は平等」を掲げ、様々な依頼に取り組み続ける
飲食店専門弁護士の第一人者、石﨑冬貴の実録連載

今回のご相談内容

団体客がランチタイムに宴会を始めた!

非常時だからこそ「お店のルール」を決めておきましょう。

今回のテーマは、「コロナ禍におけるランチタイムの団体客」についてです。

現在、飲食店では入店時の検温や消毒はもちろん、パーティションの設置、マスク会食の奨励など、業態によって様々な感染予防対策を行っています。

しかしながら、いくらお店が感染予防対策を図っても、最後はお客さんの協力が必要なのが現実です。

幸い、私の経営する焼肉店では、お客さんの検温拒否などはありませんが、顧問先の飲食店からはトラブルの声が上がっています。

お客さんが検温拒否や消毒拒否をする場合、「入店拒否」をすればよいですが、対応が悩ましいグレーなケースもあります。

例えば、ランチ時間帯に団体客が宴会を始める状況はどうでしょうか。
(団体客は店の感染対策ルールを守り、周りのお客さんに迷惑が掛かる程の大騒ぎではないという前提です。)

店としては、時短要請で夜の営業時間が限られている以上、昼からお酒を飲んでもらえるのはとてもありがたい話ですが、他のお客さんからすれば、静かに食事する中、宴会をしている団体客を見て気分を害し、「感染予防への意識が低い店だ」と感じてしまうかもしれません。お店の営業スタンスが問われる瞬間です。

まずは、一人でも不快に感じているお客さんがいるのであれば、団体客に対し、配慮を求めるようにお願いしましょう。

もちろん、このコロナ禍で大騒ぎするようであれば、「業務妨害」にもなりかねませんから、退店要請や最悪の場合、「通報」など毅然とした対応をしましょう。

お店は全てのお客さん、スタッフを守らなければなりません。

私は、こんな時ときこそ「事前ルール作り」が重要だと思います。

グランメゾンなどの超高級店でない限り、宴会を禁止するのは困難です。ただ、他のお客様との調和を求める事はどのお店でもできます。
「迷惑行為禁止」
「ルールを守らないと退店をお願いする場合がある」
「ランチは○分まで、ディナーは○分まで」等。

あまりルールだらけのお店は嫌ですが、今は非常事態ですから、少しでも多くのお客さん外食を楽しんでもらえるように、事前に説明できる事はしておくとよいと思います。

2021年04月01日 掲載

>>前回までのご相談内容

グルメキャリーへの求人掲載はこちら
飲食店オーナー・経営者のみなさまへ

飲食店の日々のトラブルを弁護士が解決!

石﨑先生

飲食店専門弁護士 石﨑 冬貴(Ishizaki Fuyuki)

1984年生まれ。東京都出身。神奈川県弁護士会所属。
東京弁護士会食品安全関係法部会所属。

一般社団法人フードビジネスロイヤーズ協会代表理事。日本料飲外国人雇用協会理事。
賃貸借契約から、労務問題、風評被害、漏水まで、飲食店の法務を専門的に取り扱う弁護士の第一人者。

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通7 合人社横浜日本大通7ビル8F

お問い合わせはお気軽に!
E-mail:ishizaki@ypartner.com URL:http://food-lawyer.net TEL:045-680-0572 FAX:045-680-0573